2017-2018シーズン序盤の主要選手派遣競技会 羽生結弦オータム、宮原知子フィンランディア

フィギュアスケートのオリンピックシーズンがもうすぐ始まります。主要選手のシーズン初めの出場競技会が発表になりました。いよいよだわ~、という気持ちになりますね。

GPSが始まる前に小さな大会に出てプログラムのチェックをする、という選手が多いですね。主要選手の出場大会が発表になりましたので、まとめてみました。

フィギュアスケートシングルス 2017年序盤の出場大会

男子
羽生結弦選手: オータム・クラシック(カナダ、9月)
宇野昌磨選手: ロンバルディア杯(イタリア、9月)、ジャパン・オープン(日本、10月)
無良崇人選手: USインターナショナル(アメリカ、9月)
田中刑事選手: アジアンオープン(香港、8月)、オンドレイネペラ

女子
宮原知子選手: フィンランディア杯(フィンランド、10月)
三原舞依選手: オータム・クラシック、ジャパン・オープン(日本、10月)
樋口新葉選手: ロンバルディア杯
本郷理華選手: オンドレイネペラ
本田真凜選手: USインターナショナル、ジャパン・オープン
坂本花織選手: アジアンオープン、USインターナショナル

各競技会の日程などについては、詳細が発表されたら記事にして行きたいと思います。

スポンサードリンク

五輪予選を兼ねたネーベルホルン杯

世界選手権2017で決まらなかった五輪枠の、最終予選となる大会です。

日本からは、ペアに須藤澄玲/フランシス・ブードロ-オデ組とアイスダンスの村元哉中/クリス・リード組がエントリーしました。

日本のペアとアイスダンスは、世界選手権2017で枠が確保できなかったので、この大会の結果次第で五輪出場できるかどうかが決まります。

ただ、ペアの須藤/オデ組が出場枠を獲得したとしても、オデ選手はカナダ国籍なので五輪には出場できません。日本の別のペアが出場することになります(ちょっと切ない)。須藤/オデ組には、枠のことは考えずに、自分たちの為に滑ってきてほしいと思います。

ちなみに須藤/オデ組の来季初戦は、ケベック・サマー(8月10日~13日)です。

アイスダンスの村元哉中/クリス・リード組は、出場権が獲得できれば自分たちが出場する可能性が高いですね。世界選手権2017は不本意な結果に終わってしまったので、ここは頑張って出場枠を取ってきてほしいところです。

最近は小さな大会でもライブストリームを配信してくれることが多いので(大きな大会は、放送権の問題で逆に配信がないことが多い)、できれば生で応援できたら良いな、と思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.