フィギュアスケート世界選手権2017 女子SP メドヴェデワ首位

最初に言っておきたい!「フィギュアスケート世界選手権2017」はフィギュアスケートの2017年の世界チャンピオンを決める大会で、オリンピックの枠を決めるための大会ではな~い!

って、ちょっとおこりたくもなりますよね。枠は結果として決まっちゃう、ということです。

選手たちの演技を純粋に楽しみたいと思います。今までどんなに頑張って来たか、この演技をするためにどれだけの努力を重ねてきたか、そんなことにも思いを馳せたいと思います。今、この時のこの演技が大切なんです。

フィギュアスケート世界選手権2017 女子SP

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Evgenia MEDVEDEVA RUS 79.01 42.10 36.91
2 Kaetlyn OSMOND CAN 75.98 41.23 34.75
3 Gabrielle DALEMAN CAN 72.19 39.19 33.00
4 Anna POGORILAYA RUS 71.52 37.21 34.31
5 Karen CHEN USA 69.98 38.35 31.63
6 Maria SOTSKOVA RUS 69.76 38.14 31.62
7 Ashley WAGNER USA 69.04 35.27 33.77
8 Carolina KOSTNER ITA 66.33 32.44 33.89
9 Wakaba HIGUCHI JPN 65.87 36.84 29.03
10 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 65.48 36.65 28.83
11 Dabin CHOI KOR 62.66 35.46 27.20
12 Rika HONGO JPN 62.55 31.45 31.10
13 Mariah BELL USA 61.02 32.16 28.86
14 Ivett TOTH HUN 61.00 33.60 27.40
15 Mai MIHARA JPN 59.59 30.88 29.71
16 Xiangning LI CHN 58.28 33.49 24.79
17 Loena HENDRICKX BEL 57.54 30.71 26.83
18 Nicole RAJICOVA SVK 57.08 29.93 27.15
19 Kailani CRAINE AUS 56.97 31.54 25.43
20 Zijun LI CHN 56.30 29.73 26.57
21 Angelina KUCHVALSKA LAT 55.92 28.24 27.68
22 Laurine LECAVELIER FRA 55.49 29.77 26.72
23 Anastasia GALUSTYAN ARM 55.20 30.63 24.57
24 Nicole SCHOTT GER 54.83 29.64 26.19

1位になったのは「やっぱり」というか、ロシアのメドヴェデワ選手でした。まったく破綻がない。計算された構成と、それを完璧にこなす技術、伝わる情感。やれやれ。。。もちろんジャンプは全部後半、レベルは全部4です。

スポンサードリンク

2位になったのはカナダのオズモンド選手。今日も華やかでしたね~。ジャンプの構成はメドヴェデワ選手より難しいのですが、後半に跳んだのは2Aだけです。華やかだけど、「男前!」という感じのする力強さも持っています。フリーで崩れないでね。

3位になったのは、何とカナダのデールマン選手。最近メキメキと力を付けてはきたけれど、ここまで来るとは正直思いませんでした。それにしてもなぜにカナダの女子選手はこうも力強いのでしょう。フリーもこの調子を維持できるか。

4位にロシアのポゴリラヤ選手。所々ヒヤッとすることがありましたが、良い出来でした。4位まで70点越えってすごい、って言うか、70点越えても4位ってどういうこと、って言うか・・・

5位にアメリカのカレン・チェン選手が入りました。良かったですね~。ちょっと心配していました。アメリカのチャンピオンだもんね。

アメリカのベテラン、アシュリー・ワグナー選手は7位。今日も女優オーラ全開。パーフェクトだったけれど、加点をあまりもらえていない感じ。

帰って来たカロリーナ・コストナー選手は8位。ジャンプが不安定なことは多いけれど、スピンのミスはとても珍しいと思います。PCSはもっと出ても良いかなと思うのですが。

日本勢では一番の樋口新葉選手がSP9位。スピードがあり、パワーあふれる素晴らしい演技でした。この演技でこの順位は、ちょっと厳しいですね。どうも樋口選手は点数(特にPCS)が辛いことが多い気がします。

12位に本郷理華選手が入りました。今できることが全部出せた演技だったのではないかと思います。フリーもその調子で頑張って!

三原舞依選手はまさかの転倒で、SP15位発進。やはりプレッシャーのせいのようですね。でもこうした経験をして強くなって行くんですよね。あれだけいろいろ騒がれれば、平常心では滑れないってことです。フリーはどれだけ追い上げられるかになります。順位など気にせずに、いつもの「滑れる幸せ」を思い出して楽しんでくださいね。

フリーで順位が大きく変わるような気がします。ミスしない人が勝ちです!

ISU World Figure Skating Championships 2017 女子SP結果

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 亜希 より:

    枠はそっとしてワクワクしようよ・・・
    といいながら平常心で見れないのが世界選手権ですね~。

    とりあえずフジTVさんLIVEならきちんとLIVEで見せてください(怒)

    樋口選手・・・「よっしゃ~良かった!70点近い点数出るよね!?」って思ってみてたらPCSが・・・厳しいですね~><。

    しかし客席に日本人がいっぱいいるっぽい・・・!皆様すごいですね~。

    • mala-mi より:

      亜希さん、こんにちは~。
      そうなのよね。枠はね。。。気にしない、というわけには行かないですよね。
      それは毎回、オリンピック前年でなくてもそうですよね。

      ただこれだけ、枠のことばっかり書かれて、騒がれて、絶望的、とか書かれるとねえ。
      選手は自分の演技をするためにあそこにいるのであって、五輪の枠取りのためじゃない!
      と言いたくなってしまうんですよ~。

      樋口選手、きびしいですよね。う~ん。。。

      それにしても客席、日本での大会みたいですね。日本から数百人、とどこかで読んだような。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.