フィギュアスケートジュニア世界選手権2017 2日目 男子FSとアイスダンスSD

ジュニア世界選手権2017の2日目は、男子のフリーとアイスダンスのショートが行われました。

ジュニアの男子フリーも4回転の争いに・・・いやあ、大変な時代です。

フィギュアスケートジュニア世界選手権2017 男子 ジョウ選手優勝!

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Vincent ZHOU USA 179.24 104.66 74.58
2 Daniel SAMOHIN ISR 165.63 90.21 76.42
3 Dmitri ALIEV RUS 163.83 84.25 79.58
4 Alexander SAMARIN RUS 163.30 88.16 75.14
5 Alexander PETROV RUS 162.18 86.48 75.70
6 Jun Hwan CHA KOR 160.11 85.59 75.52
7 Kazuki TOMONO JPN 143.16 74.94 68.22
8 Kevin AYMOZ FRA 141.39 67.59 73.80
9 Yaroslav PANIOT UKR 136.54 71.98 65.56
10 Alexei KRASNOZHON USA 134.97 64.49 70.48
11 Matteo RIZZO ITA 128.94 62.92 66.02
12 Conrad ORZEL CAN 128.20 68.70 59.50
13 Koshiro SHIMADA JPN 125.33 58.77 66.56
14 Graham NEWBERRY GBR 120.98 55.18 65.80
15 Nicolas NADEAU CAN 119.43 48.87 70.56

フリーで1位、総合でも金メダルに輝いたのは、アメリカのヴィンセント・ジョウ選手でした。いや~、すばらしいフリーでした!ジュニアなのに、TESが100点越え!美しい4Lzから始まって、パーフェクトでした。4Lz、4S‐3T、3A‐2T、4S、3A、3F、4Lo、3Lz+1Lo+3Sのジャンプ構成、4回転3回(しかもルッツ!)と3アクセル2回です。いやはや。。。ステップがレベル3ですが、スピンは全部レベル取れてます。来季はシニアに上がるようなので、アメリカの男子は五輪に行くのがとっても大変そうです。せめて3枠は取らなくては、とジュニアを見ながらシニアの世界選手権の心配をしてしまうのでありました。

フリーの2位は、イスラエルのサモヒン選手でした。総合では6位、ごぼう抜きはしたけれど表彰台には届きませんでした。SPを見て調子を落としているのかと思いましたが、そうではないのかな。4T‐3T、4S、3A‐2T、3A、4T、3Lz+1Lo+3S、3Lo、2Aのジャンプ構成。後半の4Tで転倒した以外は、多少着氷が乱れたりはありましたがまとまった演技でした。エレメンツの取りこぼしが結構あるので、やはり絶好調ではないのかも。

フリー3位はロシアのドミトリ・アリエフ選手でした。やはりフリーでちょっと崩れてしまいましたが、表彰台はキープしました。ジャンプ構成は、4T、3A‐2T、3A、3Lz+3T、3Lo+1Lo+3S、3F、3Lz、2A。4回転が1回だけだとやはり技術点に限界がありますね(十分すごいんですが)。PCSが助けてますね。

SP2位だった韓国のジュン・ファン・チャ選手は、フリーで6位、総合で5位でした。3Lz-3T、4S-2T、3A、4S、3A-1Lo-3S、2A、3F、3Loのジャンプ構成。もう少し点が出ると思ったのですが、転倒(4S)もあったし、仕方ないかな。トータルでとても美しいプログラムだと思います。

SP6位、FS8位、総合7位のフランスのケヴィン・アモズ選手がユニークで面白かったです。フランスの選手は、ちょっと独特な色を持っていることが多いですね。これからどんな風に進歩して行くのか、楽しみです。ロシア以外のヨーロッパ勢には頑張ってほしいし。

友野一希選手が、SPの14位から大きく順位を上げてフリーは7位、総合9位でした。滑り始まる前に、すご~く緊張しているように見えました。4Sは回転不足でお手付き、得意な3Aもきれいには決まらなかったけれど、最後まで頑張りました。

島田高志郎選手は、フリー13位、総合14位。やはり3Aと(か)4回転がないと上位には行けないという。。。ジュニアなのに。。でも島田選手は、何か特別なものを持っている選手だと思うので、これからを期待したいと思います。

友野選手と島田選手の順位を合計すると「23」、来季も2枠キープですね。ありがとう!

男子総合順位

スポンサードリンク
順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Vincent ZHOU USA 258.11 5 1
2 Dmitri ALIEV RUS 247.31 1 3
3 Alexander SAMARIN RUS 245.53 3 4
4 Alexander PETROV RUS 243.47 4 5
5 Jun Hwan CHA KOR 242.45 2 6
6 Daniel SAMOHIN ISR 232.63 16 2
7 Kevin AYMOZ FRA 218.63 6 8
8 Alexei KRASNOZHON USA 211.47 8 10
9 Kazuki TOMONO JPN 211.28 14 7
10 Yaroslav PANIOT UKR 208.57 10 9
11 Matteo RIZZO ITA 197.47 13 11
12 Nicolas NADEAU CAN 196.63 7 15
13 Conrad ORZEL CAN 194.41 18 12
14 Koshiro SHIMADA JPN 194.10 12 13

フィギュアスケートジュニア世界選手権2017 アイスダンスショート

ちゃんと見られていないのですが。。。

深瀬/立野組が頑張って15位です。ふたりの雰囲気が、とっても良いのよね。お互いが尊重し合い、信頼し合っているのが見ていてわかります。さわやかで、とても素敵でした。深瀬選手の笑顔がまぶしい。。。

印象的だったのは2位のパーソンズ組。体格差がほとんどないこともあって、ユニゾンがぴったり!双子が一緒に踊っているみたい。動きも独特で楽しかったです。

シニアのアイスダンスで、ロシアが今ちょっと寂しいので、ジュニアのロシア組が頑張っているのは嬉しいです。

順位 名前 SD得点 技術点 演技構成点
1 Alla LOBODA / Pavel DROZD RUS 67.59 34.93 32.66
2 Rachel PARSONS / Michael PARSONS USA 67.29 34.85 32.44
3 Anastasia SKOPTCOVA / Kirill ALESHIN RUS 63.38 33.61 29.77
4 Anastasia SHPILEVAYA / Grigory SMIRNOV RUS 63.26 33.29 29.97
5 Marjorie LAJOIE / Zachary LAGHA CAN 60.79 32.34 28.45
6 Christina CARREIRA / Anthony PONOMARENKO USA 60.53 30.94 29.59
7 Lorraine MCNAMARA / Quinn CARPENTER USA 60.30 29.31 30.99
8 Natacha LAGOUGE / Corentin RAHIER FRA 55.41 28.58 26.83
9 Angelique ABACHKINA / Louis THAURON FRA 54.92 26.49 28.43
10 Nicole KUZMICHOVA / Alexandr SINICYN CZE 53.93 27.84 26.09
11 Darya POPOVA / Volodymyr BYELIKOV UKR 52.47 28.04 24.43
12 Ashlynne STAIRS / Lee ROYER CAN 52.26 28.40 23.86
13 Ria SCHWENDINGER / Valentin WUNDERLICH GER 51.90 27.61 24.29
14 Emiliya KALEHANOVA / Uladzislau PALKHOUSKI BLR 50.75 29.36 21.39
15 Rikako FUKASE / Aru TATENO JPN 50.44 28.82 21.62

Junior Figure Skating Championships 2017 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.