四大陸選手権2017女子 三原舞依優勝!長洲3位!

四大陸選手権2017女子シングルス、三原舞依選手が優勝しました!お~!すごい~!おめでとう~!でも全然驚かないよ。そういうこともあるかなと思っていましたよ。

しかも200点越えです。世界選手権に向けて、これは強みですね。まだまだ国際舞台では新顔の三原選手、この優勝で世界選手権では評価が上がってくると思います。

世界選手権に向けてと言えば、アメリカに暗雲が・・・長洲選手の今大会での活躍は嬉しいですが、世界選手権には出場しません。他のふたりは世界選手権にも出場しますが、6位と12位と振るいませんでした。このふたりはまだ国際競技会での評価が未知数なので、この試合でもっと良いところを見せておきたいところでした。

四大陸選手権2017 女子シングルス

女子フリー結果

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Mai MIHARA JPN 134.34 72.30 62.04
2 Mirai NAGASU USA 132.04 69.81 62.23
3 Gabrielle DALEMAN CAN 128.66 63.71 64.95
4 Dabin CHOI KOR 120.79 62.84 57.95
5 Zijun LI CHN 116.68 61.02 55.66
6 Kaetlyn OSMOND CAN 115.96 55.25 64.71
7 Mariah BELL USA 115.89 58.03 58.86
8 Alaine CHARTRAND CAN 113.48 59.02 54.46
9 Wakaba HIGUCHI JPN 113.22 57.55 55.67
10 Karen CHEN USA 111.22 51.85 59.37
11 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 109.78 52.13 59.65
12 Xiangning LI CHN 109.12 58.77 50.35
13 Rika HONGO JPN 108.26 50.16 59.10
14 Brooklee HAN AUS 103.61 53.77 49.84
15 Ziquan ZHAO CHN 97.40 52.75 45.65

フリーは134.34という高得点で、三原選手が1位になり、総合でも優勝しました。おめでとうございます!ノーミスの素晴らしい演技でした。マイナスがひとつもないきれいなプロトコルです。ひとつだけ気がかりは、ここで優勝したことが、世界選手権に臨む気持ちに影響しないかということです。今のまま、滑れることが嬉しい、楽しい、という気持ちのままでいて欲しいと思います。無欲が最強。

フリー2位は長洲未来選手。総合でも銅メダルです。個人的に、すごく嬉しいです。四大陸選手権とは相性が良いんでしょうか。去年もこんな感じでしたね。フレッシュな他のアメリカ代表が振るわない中、ベテランの意地を見せた形になりましたが、世界選手権には出場しないんですよね。残念です。

フリー3位はデールマン選手、総合で銀メダルを獲得しました。実はフリーでもっと崩れると思っていました、すみません。強くなりましたね。ノーミスではありませんでしたが、堂々たる演技でした。

スポンサードリンク

フリー4位(総合5位)はダビン・チョイ選手。ちょっとびっくり。見せ方がまだまだですが、これからですね。

フリー5位、総合7位にジジュン・リ選手が入りました。パーフェクトではありませんでしたが、とても良かったと思います、なぜにそんなに泣いているの?

オズモンド選手がフリーは6位で総合4位、メダルを逃してしまいました。転倒3回、そのうちの1回はものすごく痛そうでした。大丈夫だったかな。

トゥルシンバエワ選手がフリーは11位と大きく後退し、総合で8位でした。フリーで崩れることが多い気がするけれど、SPでも書いたように手を上げてのジャンプはやめた方が良いと思う。着氷が乱れてしまうことが多いです。手を上げてきれいに着氷すれば点数は稼げるかもしれないけれど、まずはきれいに着氷できなければ逆効果です。

樋口選手がフリー9位、総合でも9位でした。キス&クライで大泣きしていました。でも決まったジャンプはきれいだったし、3Lz+3Tを2回跳ぶ根性もあるし、大丈夫。ケガをしているということなので、これ以上悪化させないように世界選手権に向けてうまく調整してほしいと思います。

本郷選手がフリー13位で総合10位でした。現時点で精一杯の演技だったような気がします。苦しい時期ですね。頑張って乗り越えてほしいと思います。

女子総合結果

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Mai MIHARA JPN 200.85 4 1
2 Gabrielle DALEMAN CAN 196.91 1 3
3 Mirai NAGASU USA 194.95 5 2
4 Kaetlyn OSMOND CAN 184.17 2 6
5 Dabin CHOI KOR 182.41 6 4
6 Mariah BELL USA 177.10 7 7
7 Zijun LI CHN 177.05 8 5
8 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 176.65 3 11
9 Wakaba HIGUCHI JPN 172.05 10 9
10 Rika HONGO JPN 167.42 9 13
11 Alaine CHARTRAND CAN 167.12 14 8
12 Karen CHEN USA 166.82 12 10
13 Xiangning LI CHN 164.85 11 12
14 Brooklee HAN AUS 152.05 16 14
15 Ziquan ZHAO CHN 147.37 15 15

ISU Four Continents Championships 2017 results

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 亜希 より:

    三原選手、本当にシンデレラガールだ~と思っちゃいました。さわやかでいいですね~おめでとうございます♪
    大会始まる前はどちらかというと樋口選手の優勝があるかもと思っていただけにこの結果には驚きました!
    樋口選手大丈夫でしょうか?世界選手権までに怪我が治ってしっかり練習できるといいな~。スマイルなキスクラが見たいです。
    長洲選手おめでとう♪
    どの国も3枠目指して頑張れ~。女子で安泰なのはロシアだけでしょうか?日本もトラブルがなければいけると思うんですが・・・故障は怖いですね。

    • mala-mi より:

      シンデレラガールですね~、ほんとうに。さわやか~!

      樋口選手は国際大会でちょっと難しいタイプかもしれないです。今回の不調は関係ないけれど、あのビュンビュン飛ばすタイプは、どうも国外での評価がイマイチのような気がします。だからこその今季のあのプログラムなのだと思いますが。とにかくケガを治さないと、ですね。

      来季の3枠、女子で安泰なのはロシアだけですね。日本も危ないし、アメリカはすごく危ない・・・とにかく世界選手権では、ケガなくみんな元気に演技ができますように!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.