もうすぐ四大陸選手権2017 宮原とテンが欠場 ボーヤン・ジンのジャンプ構成

いよいよ四大陸選手権が近付いてきました。

こうしてシーズンが進むと、あと試合もこれだけかあ、なんてすでに寂しい気持ちになったりします。

四大陸選手権2017を欠場する宮原知子選手

宮原知子選手の四大陸選手権の欠場はとても残念ですが、それよりも世界選手権に間に合うのかな、というのが心配なところですね。

ケガのニュースを聞いた時に、真っ先に「滑りすぎでしょう」と思いました。宮原選手が練習熱心なことは、よく知られていますから。ケガも「疲労骨折」ということで、やっぱり滑りすぎだよ・・・

世界選手権は3月末で、まだ時間があるとはいえ練習に戻ってすぐに調子が元に戻るわけではありません。どうか焦らず、じっくりケガを治してほしいと思います。世界選手権に間に合わなかったら、それはその時のこと。まずは身体が大事。

四大陸選手権2017を欠場するデニス・テン選手

デニス・テン選手の欠場は、そうなるかなと思っていたので、驚きませんでした。もちろん残念ではあるのですが。

先日終わったユニバーシアードを背負っていたのですから、疲れ果てているでしょう。重圧は大変なものだったと思います。

スポンサードリンク

それにテン選手は、ピークを作るのがあまり得意でない印象があります。ユニバーシアードで調子を上げて、また四大陸選手権で上げて、その後世界選手権でまた上げて、というのは大変なことです(テン選手でなくても)。

四大陸選手権を休んで世界選手権に向けてトレーニング(精神的にも、スケート的にも)するのは、すごく正しい選択という気がします。

四大陸選手権2017 ボーヤン・ジン選手のジャンプ構成

ジン選手のアシスタントコーチが漏らしたところによると、四大陸選手権でのジャンプ構成はこうなるそうです。

4Lz-3T、4S、4Lo、4T、4T-2T、3A-1Lo-3S、3A、3Lz

GPS中国大会で、4Lz、4S、3A+1Lo+3S、4T、4T-2T、3Aで滑りましたが、ここからまた難易度を上げています。っていうか、いつの間に4Loを習得。。。

ジン選手とネイサン・チェン選手に関しては、アクセル以外はほぼ4回転、みたいな感じになってきていますね。おそろしい。

ただジン選手に関しては、滑りの部分がまだまだという感じなので(進歩はしているけれど)、すぐに羽生選手やチャン選手の脅威にはならないかなと思います(あくまでも、いまのところ、です)。

高難度の構成は見ごたえがあって良いけれど、ケガには気を付けて~~~!!!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.