フィギュアスケート全米選手権2017 女子SP カレン・チェンが首位

全米選手権の女子ショートが終わりました。ちょっと意外な結果になりました。フリー次第で順位は変わりそうですが、思っていた以上に波乱がありそうです。

全米選手権2017女子SP 1.カレン・チェン、2.長洲未来、3.アシュリー・ワグナー

今回一番印象に残ったのは4位になったテッサ・ホン選手です。まだ14歳だということですが、動きが優雅なこと!所作がとても美しく、演技が流れて途切れない。見ていて全然飽きないどころか、目が離せませんでした。年齢的に国際試合ではジュニアですよね(どうして全米でシニアに出たのだろう?)いやいや、びっくり。

さて、SP1位はカレン・チェン選手でした。素晴らしい演技でした。チェン選手は自分で振り付けもしているんですよね。このSPの鳥の動き、特に初めと終わりの手の動きは独特で、とても素敵です。パーフェクト!最後のレイバックスピンの美しさよ!

SP2位は長洲未来選手でした。良かったですね~。すごく緊張していたような気がします。単独ジャンプのループがちょっと乱れてしまいました。スピンもステップも全部レベル4です。フリーで崩れてしまうことが多いので、今回はSPの調子を維持して頑張ってほしいです。

SP3位はアシュリー・ワグナー選手でした。氷上でアピールする点では、今回もピカイチ。ダブルアクセルがちょっと乱れ、レベルの取りこぼしも。コンビネーションジャンプは、絶対回り切るぞ、という意地が見えました。FSも頑張ってほしいです。

グレイシー・ゴールド選手はSP5位でした。ちょっと重かったかなあ。あ~、フリップがダブルに。。。でも調子は戻りつつあるように見えました。フリップのミスも慎重に行き過ぎて跳び損ねた感じがしました。フリーはもう少しリラックスして滑れると良いなと思います。

マライア・ベル選手はGPSでいきなり表彰台に載ってびっくりした選手です。コンビネーションのふたつ目が回転不足で転倒。それ以外は勢いがあってとても良かったです。フリーもこの調子だと、結構上に行く可能性がありますね。

キャロライン・ジャン選手。3Lo‐3Loが美しかったです。プログラムがあまり良くないのじゃないかしら。それともまだ滑り込めていないのか。丁寧に滑りすぎちゃったのかも。

スポンサードリンク
順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Karen Chen 72.82 40.97 31.85
2 Mirai Nagasu 71.95 38.80 33.15
3 Ashley Wagner 70.94 36.26 34.68
4 Tessa Hong 65.02 36.50 28.52
5 Gracie Gold 64.85 32.51 32.34
6 Mariah Bell 63.33 33.95 30.38
7 Caroline Zhang 62.55 36.49 26.06

何しろ安定しないアメリカ女子選手、フリーはまたどうなるかわかりません。SPは良いけれどフリーで崩れるという選手も多いので、ミスと回転不足に気を付けて(って私に言われるまでもないでしょうけれど)、頑張ってほしいです。

US championships result

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.