フィギュアスケートグランプリファイナル2016 男子羽生結弦4連覇!

羽生選手、4連覇おめでとうございます!宇野選手、銅メダルおめでとうございます!

でも羽生選手は演技としてはミスが多く、満足してはいないでしょう。

それにしてもミスの多い試合でした。羽生選手も宇野選手も、もしかすると表彰台を逃すかも、と思ってしまいましたが、他の選手もミスを連発。ミスがなかったのは、フリー1位のネイサン・チェン選手だけでした。氷が悪かったのかと思ってしまうところですが、男子の前の女子FSでは、すごい試合が繰り広げられたので、そういうことでもなさそうです。

フィギュアスケートグランプリファイナル2016 男子FS

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Nathan CHEN USA 197.55 113.13 84.42
2 Shoma UNO JPN 195.69 104.75 90.94
3 Yuzuru HANYU JPN 187.37 96.01 92.36
4 Javier FERNANDEZ ESP 177.01 86.17 91.84
5 Patrick CHAN CAN 166.99 80.21 90.78
6 Adam RIPPON USA 149.17 67.97 83.20

第一滑走、宇野選手。大きなミスはなかったし、動きも大きくメリハリもあって良かったのですが、コンビネーションがふたつしか入りませんでした。4F,4T,3Lo,3A,4T-2T,3Lz,3A+1Lo+3F,3S。TESが104.75で100点越え。 195.69でPB更新です。

リッポン選手。冒頭の4Tが決まらず。あ~調子悪い。。。後半の得意のタノルッツも乱れてしまいました。全部が噛み合わず、PCSも抑えられてしまいました。つらい。。。立て直して全米頑張って、世界選手権に出てきてね。

ネイサン・チェン選手が3番滑走。冒頭の4Lz-3Tをきれいに決めて波に乗って、4F,4T+2T+2Lo,4T,3A,3Lo,3F+3T,3Lzと、ほぼ全部のジャンプを決めました。あっぱれであります。でもやはりジャンプ中心のプログラムというのは否めない。他のエレメンツもとても魅力的なので、もったいない気がしてしまいます。そこが改善されればPCSももっと出るはず。ここまででフリー1位、総合でも1位に。

そして羽生選手、登場。すごい拍手、みんなの期待度がわかります。4Lo降りました、4S素晴らしい!スピン、ステップきれい。3Fオッケー。とここまでは良かったのですが、この後4Sで転倒(REP)してから目に見えて崩れて行きました。それはジャンプだけではなく、演技全体の雰囲気、感じるエネルギー、すべてが何となく変わってしまった感じ(疲れちゃったかも)。4T降りました。3A-3Tはばっちり。そして3Aは良かったけれどコンビネーションで付けたサルコーが乱れ、スピンはレベル3、そしてルッツがシングルに。最後のスピンはレベル4だったけれど、いつも程は加点が付きませんでした。フリー3位。ミスがあるとしても4Loとか、ルッツがダブルになるとか、それくらいかなと思っていたので、予想外の結果でした。辛うじて(と思ってしまった)総合1位はキープ。

スポンサードリンク

そしてフェルナンデス選手。ショートが良くなかったので、立て直せているか心配でしたが、立て直せていなかったみたいで。。。それにしても、そんな~。。。最初のジャンプは4回転トウの予定だったと思うけれど、3回転に。それからもことごとくジャンプが決まらない。。。こんなフェルナンデス選手、久しぶりに見ました。

最終滑走のチャン選手、ミスを抑えて滑れば優勝のチャンス。それなのに。。。あ~、冒頭の4Tから転倒。3Aでも転倒。その後の4Sをきれいに決めるなんて、すごい精神力ですが。中盤の3Tは4回転の予定だった感じですね。その後また3Aで転倒(涙)。ジャンプが決まらなくてもスケーティングは素敵なんだよなあと見ていましたが、PCSが抑えられていてびっくりです。3回転倒で、減点4が付いてしまいました(どうして3回なのに4点になるのかわからない人はこちら

フィギュアスケートグランプリファイナル2016 男子総合結果

というわけで、意外な展開になったGPF男子。最終的には、SPで高得点をたたきだした羽生選手が首位を守り、2位にジャンプをバシバシ決めたネイサン・チェン選手、3位に僅差で(惜しい!)宇野選手が入りました。

フェルナンデス選手とパトリック・チャン選手が表彰台落ち・・・欧州選手権、四大陸、世界選手権、まだまだ大きな試合があるので、期待しています。世代交代なんて言わせないでくださいね!

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Yuzuru HANYU JPN 293.90 1 3
2 Nathan CHEN USA 282.85 5 1
3 Shoma UNO JPN 282.51 4 2
4 Javier FERNANDEZ ESP 268.77 3 4
5 Patrick CHAN CAN 266.75 2 5
6 Adam RIPPON USA 233.10 6 6

ISU Grand Prix of Figure Skating Final 2016

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 亜希 より:

    男子はうわぁって感じでしたね・・・。
    滑走順に助けられた連覇に見えました。
    あの出来で後半3人の滑走順が逆だったら連覇できなかったんじゃないかな~?
    羽生選手がミスをして「SPの点差はFPでミスしなければ余裕でいけるな」って思って力が入りすぎたフェルナンデス選手が・・・。その後さらにパトリック・チャン選手も・・・って感じに。
    まぁスポーツに「たられば」はありませんけどね~。

    • mala-mi より:

      亜希さん、こんにちは。

      >滑走順に助けられた連覇に見えました。
      確かにそういう面もあるかもしれないですね。羽生選手が滑り終わった時、これで4連覇は消えたな、と思いましたもん。力が入りすぎた、かもです。

      これだけの自爆大会は珍しいですよね。そして、若手はこわいものなし!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.