ゴールデンスピン2016 女子SP コストナー復帰戦で首位

グランプリファイナルだけでも追いきれないのに、チャレンジャーシリーズの豪華出場者ゴールデンスピンが同時期開催だなんて。フィギュアスケートファンにどうしろと言うの?と言いたくなります。

残念ながら日本選手は出場していませんが、女子には今年復帰したカロリーナ・コストナー選手も出場しています。

ライブストリーミングがあるのですが、画質も音質もあまり良くありません。ネットに上がっている動画は、そこから撮ったものなので、かなり残念です。

ゴールデンスピン2016 女子SP コストナー選手SP首位

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Carolina KOSTNER ITA 69.95 35.07 34.88
2 Amber GLENN USA 67.93 37.05 30.88
3 Alena LEONOVA RUS 64.18 33.58 30.60
4 Alexandra AVSTRIYSKAYA RUS 63.66 34.94 28.72
5 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 63.01 30.97 32.04
6 Karen CHEN USA 54.60 25.84 29.76
7 Kailani CRAINE AUS 54.05 27.49 26.56
8 Gracie GOLD USA 54.04 24.72 30.32

コストナー選手が首位に立ちました。個性的なプログラムです(いつもそうですが)。最初、日本の太鼓かと思ってしまいました(Bonzo’s Montreux、 John Bonhamのドラム音楽)。コストナー選手らしい、大きな優雅な動きがドラムの音に良く合っています。2Aの跳ぶタイミングが、宇野選手のフリーの3Aみたいでステキです(無音部分で跳ぶ)。単独3Loの着氷が乱れた他は、ほぼノーミスの演技でした。プロトコルがまだ出ていないので点数の詳細がわかりませんが、復帰戦でこれだけの演技ができたのはすごいことですね。

スポンサードリンク

グレイシー・ゴールド選手はSP8位でした。う~ん、調子が戻っていないようです。冒頭の3Lzで転倒、コンビネーションはふたつ目が2回転、2Aはパンクしてシングルになってしまいました。

2位になったのがアメリカのアンバー・グレン選手。今季のアメリカナショナルはいったいどうなるんだろう。。。と余計な心配をしてしまいました。

心配していたロシアのレオノワ選手が、まあまあの演技を見せてくれました(3位)。愛嬌たっぷりに笑顔で演じていたので、立ち直ったのかなあ。でもこの前もSPは良かったのにフリーがボロボロだったんだっけ、とフリーが心配になるのでありました。がんばって!

トゥクタミシェワ選手が5位。コンビネーションが軽く決まったので、調子が良さそうと思ったのに、次の単独ジャンプ(ルッツ?)でパンクしてしまいました。う~ん、なかなか調子が戻らないですね。動きがちょっと重いかも。

ISU CS Golden Spin of Zagreb 2016

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.