フィギュアスケートグランプリ2016ロシア大会 男子SP宇野昌磨1位発進!

宇野昌磨選手、高得点でSP1位です!


グランプリシリーズ2016 ロステレコム杯 男子SP

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Shoma UNO JPN 98.59 54.28 44.31
2 Javier FERNANDEZ ESP 91.55 45.47 46.08
3 Mikhail KOLYADA RUS 90.28 48.56 41.72
4 Alexei BYCHENKO ISR 86.81 46.74 40.07
5 Chafik BESSEGHIER FRA 80.68 44.50 36.18
6 Elladj BALDE CAN 76.36 39.18 37.18
7 Artur DMITRIEV RUS 76.06 40.67 36.39
8 Max AARON USA 73.64 37.14 37.50
9 Gordei GORSHKOV RUS 73.37 37.94 35.43
10 Keiji TANAKA JPN 69.13 32.49 36.64
11 Alexander MAJOROV SWE 67.80 33.51 35.29
12 Deniss VASILJEVS LAT 62.40 28.15 35.25

採点が全体的に甘いような気がしました。スケートカナダの鬼採点の後なので、特にそう感じるのかもしれませんが。

SP1位は宇野昌磨選手でした。順位は当然なのですが、点数が・・・この出来で自己ベストを更新、世界歴代3位の高得点というのはちょっとどうかと。ただプロトコルを見るとちゃんと(!)着氷が乱れた4回転はふたつともGOEがマイナスになっているのですよね。SPで回り切った4回転を2回入れるということが、いかに高得点につながるかということでしょうか。演技自体はスケートアメリカの時よりも良かったです。3AのGOEが 2.57!スピンもステップも全部レベルが取れていて、特に最後のスピンは回転も速く、ポジションも美しかったです。

SP2位はハビエル・フェルナンデス選手でした。冒頭の4T-3Tの着氷が乱れ、4Sの途中で身体が開いてしまい3回転に。スピンは全部レベル3でした。持ち越しのプログラムなので、見せ方の完成度としてはとても高いですね、その辺がPCSの高さにも表れていると思います。ただ全体的にちょっと覇気がなかった感じがします。それでも90点越えです。

スポンサードリンク

3位はロシアのコリャダ選手。最初の4T+3Tを決め、後半単独ジャンプの3Lzも軽くて美しかったです。他のエレメンツもほとんどレベルを取れていて、3Aの着氷が惜しかったですが90点越え。滑り始め、この曲はコリャダ選手に合わないのじゃないかと思いましたが、コンビネーションを決めてから動きがどんどん良くなって、なかなか良いプログラムだなと思うようになりました。でも衣装は・・・

田中刑事選手はSP10位と出遅れてしまいました。冒頭4Sが2Sになってしまいノーカウント。3Aは良かったけれど、最初の失敗を引きずってしまったかなあ。ただ演技自体は悪くなかったと思います。なかなか大舞台で力を発揮できないですね。FSは頑張ってほしいです。

ラトビアのヴァシリエフス選手、ランビエールがコーチということでひいき目に見てしまうのかもしれませんが、思ったより点が伸びずに最下位になってしまいました。ただヴァシリエフス選手はケガ明けなんですよね。8月末にダブルジャンプが跳べるまで回復したということだったので、時間が足りなかった気がします。これからケガからの回復と共に伸びてきそうな選手です。最後のスピンは、さすがランビエールがコーチという難しいポジションでした。ランビエールコーチを見られるのも嬉しいし、頑張ってほしいです。

グランプリシリーズ2016 ロステレコム杯 アイスダンスSD

順位 名前 SD得点 技術点 演技構成点
1 Madison CHOCK / Evan BATES USA 75.04 38.35 36.69
2 Ekaterina BOBROVA / Dmitri SOLOVIEV RUS 74.92 37.91 37.01
3 Kaitlyn WEAVER / Andrew POJE CAN 69.81 34.11 35.70
4 Charlene GUIGNARD / Marco FABBRI ITA 67.72 34.86 32.86
5 Tiffany ZAHORSKI / Jonathan GUERREIRO RUS 64.28 32.91 31.37
6 Elliana POGREBINSKY / Alex BENOIT USA 62.93 34.39 28.54
7 Laurence FOURNIER BEAUDRY / Nikolaj SORENSEN DEN 62.82 32.93 29.89
8 Alisa AGAFONOVA / Alper UCAR TUR 59.31 31.16 28.15
9 Sofia EVDOKIMOVA / Egor BAZIN RUS 55.83 29.23 26.60
10 Viktoria KAVALIOVA / Yurii BIELIAIEV BLR 54.64 28.29 26.35

やっぱりチョック/ベイツ組が1位でしたが、僅差でロシアのボボロワ/ソロヴィエフ組が2位です。これはフリー次第でわかりませんね。3位のウェーバー/ポジェ組がちょっと離されてしまいました。

ISU GP Rostelecom Cup 2016 result

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.