デニステンとリプ二ツカヤがスケートアメリカを欠場/GPF2018はカナダ

スケートアメリカ直前になって、欠場の残念なニュースです。

2018年のグランプリファイナルがカナダに決まりました。


デニス・テンとリプ二ツカヤがスケートアメリカを欠場

何とも残念なニュースです。

デニス・テン選手とユリア・リプ二ツカヤ選手が、スケートアメリカを欠場するということです。直前の欠場なので、たぶん代替選手は間に合わず、男子も女子も11人での試合になりそうですね。

欠場の理由はわからないのですが、直前ということはやはり健康上の問題だと思います(リプ二ツカヤ選手の方は、この前の試合の後に健康問題のうちのひとつが悪化したため、という書き込みを見ましたが真偽のほどはわかりません)。

スポンサードリンク

2選手とも2試合目があるので、そちらには元気な姿を見せて欲しいと思います。

ロシアのペア、クセニヤ・ストルボワ&ヒョードル・クリモフ組がGPS2試合(ロステレコムとNHK杯)とも棄権するようです。こちらも理由がわかりませんが、残念です。

2018年のグランプリファイナルはカナダ

ピョンチャンオリンピック後のシーズンのグランプリファイナル(シニアとジュニア同時開催)は、12月5日から9日にカナダ(暫定的にヴァンクーバー)で開催されることが決まりました。

平昌五輪の後って、いったいどうなっているんでしょうね・・・引退しちゃう選手も結構いるのかな、と考えると寂しくなるので、そういうことは考えずに、「カナダなんだ~」とだけ覚えておこうと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.