フィギュアスケートジュニアグランプリ2016 第7戦ドイツ大会 女子SP

フィギュアスケートジュニアグランプリ2016の最終戦、ドイツ大会が始まりました。

この週末はフィンランドでチャレンジャーシリーズのフィンランディア杯があって、同じヨーロッパなのでほぼ同時進行。どちらもライブストリームがあってありがたいのですが(良い時代ですねえ)、ファンとしてはどうして良いやら。

ということで、ちょっと遅れましたが女子のSPです。フリーの前に書いておかないと・・・

日本から出場のWゆうなは、ちょっと厳しい5&6位発進となってしまいました。

フィギュアスケートジュニアグランプリ2016 第7戦ドイツ大会(ドレスデン)女子SP

順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Anastasiia GUBANOVA RUS 65.43 37.58 28.85
2 Eunsoo LIM KOR 63.83 37.18 26.65
3 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 59.00 30.97 28.03
4 Lutricia BOCK GER 58.70 34.38 24.32
5 Yuna AOKI JPN 56.47 30.10 26.37
6 Yuna SHIRAIWA JPN 54.60 29.19 26.41

どの選手もミスが目立ちました。

スポンサードリンク

ショート1位は、ロシアのグバノワ選手です。コンビネーションでステップアウトした他は、きれいにまとまった演技でした。清楚な水色の衣装が似合っていますが、何しろまだ子供っぽい13歳、148cm。ゆったりとずっと動いているプログラムは、優雅に見えるけれど大変だろうなあ。

2位に韓国のイム・ウンス選手が入りました。パーフェクトな演技でした。もっとかわいいきれいな曲を選んであげて欲しい・・・

3位のコンスタンティノワ選手は、どうしても「本田選手のファイナル行きを左右する選手」という目で見てしまっていけません。ちゃんと演技を見ましょうね。1戦目もそうでしたが、やはり不安定な印象です。ループが抜けてしまいました。

青木祐奈選手は5位。冒頭のコンビネーションが・・・でも失敗を引きずらず、後のふたつのジャンプは「絶対失敗しない」という心の声が聞こえてきそうでした。

そしてもうひとりのゆうな、白岩優奈選手も、コンビネーションで転倒・・・でもそれ以降の演技はとても良かったです。先シーズンの勢いがないかな、難しい時期かもしれません。

日本選手のフリーでの巻き返しを期待します。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.