フィギュアスケートジュニアグランプリ2016第6戦 エストニア大会(タリン杯) 女子FS

ジュニアグランプリ2016エストニア大会、女子のFSが終わりました。

やっぱりと言うか、ツルスカヤ選手が格の違いを見せつけてくれました。

フィギュアスケートジュニアグランプリ2016エストニア大会(タリン杯)女子FS 山下真瑚3位!

1位には貫禄のツルスカヤ選手。1戦目のフリーがボロボロだったので心配でしたが、今日はとても良かったです。他の選手とは格が違うと思うのですが、点数的にはあまり差がないんですね。

2位にヌグマノワ選手。フリーも1戦目よりもずっと良かったです。3Lo+3Loがシュッと気持ち良いです。それにしても、今季はロミオとジュリエットが多いですね。

山下真瑚選手、良かったですね!冒頭のコンビネーションのふたつ目に回転不足が付いてしまいましたが、それ以外はパーフェクト。2A+3T+2Tも見事でした。丁寧に確実に滑っている印象があります。PCSも結構もらえて良かったです。まだ13歳、これからが楽しみな選手がまた一人増えましたが、楽しみな選手がたくさんいすぎて心配・・・

新田谷凛選手が4位に入りましたが、3位とはかなり点差が開いてしまいました。ジャンプがことごとくステップアウト。身体もちょっと重そうでしたが、丁寧に丁寧に滑っていました。

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Polina TSURSKAYA RUS 127.30 67.13 60.17
2 Elizaveta NUGUMANOVA RUS 126.02 67.47 58.55
3 Mako YAMASHITA JPN 121.41 65.30 56.11
4 Rin NITAYA JPN 96.26 46.84 49.42
5 Julie FROETSCHER FRA 91.50 49.11 42.39
6 Tessa HONG USA 88.09 39.54 48.55

ツルスカヤ選手が1位になったことで、ファイナル進出4選手が決定しました。ツルスカヤ選手、紀平選手、坂本選手、ザギトワ選手です。

スポンサードリンク

ジュニアグランプリシリーズはあと残り1戦です。2戦を終えた選手でファイナル進出の可能性があるのは、本田真凜選手とヌグマノワ選手です。残り2選手は7戦目に出場するロシアの2選手グバノワ選手(チェコ大会で1位)とコンスタンティノワ選手(ロシア大会で2位)の結果次第というところでしょうか。

もちろん他の選手がすごく頑張って表彰台を飾った場合、これ以外の選手にもファイナル進出の可能性は出てきますが、かなり厳しいですね。

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Polina TSURSKAYA RUS 127.30 67.13 60.17
2 Elizaveta NUGUMANOVA RUS 126.02 67.47 58.55
3 Mako YAMASHITA JPN 121.41 65.30 56.11
4 Rin NITAYA JPN 96.26 46.84 49.42
5 Julie FROETSCHER FRA 91.50 49.11 42.39
6 Tessa HONG USA 88.09 39.54 48.55
スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.