ネーベルホルン杯2016 女子FS三原舞依優勝! ペアFS

ネーベルホルン杯2016の女子フリーが行われ、三原舞依選手が見事優勝しました!
日本女子、すごすぎ!

ネーベルホルン杯2016 女子FS 三原舞依優勝!

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Mai MIHARA JPN 125.92 68.11 57.81
2 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 120.73 62.40 59.33
3 Gabrielle DALEMAN CAN 115.25 55.19 61.06
4 So Youn PARK KOR 106.24 54.84 52.40
5 Serafima SAKHANOVICH RUS 101.99 53.82 50.17
6 Amber GLENN USA 101.76 49.63 52.13

三原選手は、スパイラルでバランスを崩した以外は完璧な演技でした(プロトコルを見たら3Fにエッジエラーが付いていましたが)。衣装の色がきれい。やはり地味な感じがするので、髪をひとつに結ぶだけではなく、ちょっと工夫をして髪飾りを付けるとかした方が良いと思います。フィギュアスケートは見栄えも大切。

ライブストリーミングの解説者が、どうして日本人はこんなに強いんだと言ったら、もうひとりの解説者がとにかく長い時間真面目に練習しているから、と答えていました。

ショートで1位だったトゥクタミシェワ選手は、フリーは後半崩れてしまいました。やっぱりちょっと身体が重いかなあ。こういう体型はフィギュアスケートには不利かもしれないですね。面白いプログラムですが、ちょっと忙しい感じがするのは、まだ滑り込めていないのかもしれません。それにしてもセクシーな衣装で、こんなに胸を強調してオーケーなのかなと気になったりして・・・

スポンサードリンク

3位がカナダのデールマン選手でした。PCSでは1位です。ミスは多かったけれどダイナミックな演技で、冒頭の3T-3Tは高さも幅もあって惚れ惚れ見てました。

ロシアのサハノヴィッチ選手はフリー5位、総合6位、ボロボロでした。フリーの衣装はミイラみたいだし、曲もちょっとイメージに合わないかも。もっと清楚な可憐な曲の方が合うのではないかと思いました。

ネーベルホルン杯2016 ペア

当然優勝はサフチェンコ/マッソー組です。ただフリーの出来はあまり良くありませんでした。SBSジャンプはふたつとも片方がダブルになってしまうミス。3Aスローは転倒、3Sスローもランディングが乱れてマイナス評価。

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 128.80 59.64 70.16
2 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 118.42 57.22 61.20
3 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT GER 104.64 52.04 53.60

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Aliona SAVCHENKO / Bruno MASSOT GER 203.04 1 1
2 Liubov ILYUSHECHKINA / Dylan MOSCOVITCH CAN 184.40 2 2
3 Mari VARTMANN / Ruben BLOMMAERT GER 162.38 3 3

Nebelhorn Trophy 2016 result

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.