ジュニアグランプリ2016第4戦ロシア大会 女子SP

ジュニアグランプリも第4戦です。

なかなか追い切れませんが、日本選手が出場している女子のショートについて、(フリーを楽しむためにも)書いておきます。

ジュニアグランプリ2016ロシア大会 女子SP

前シーズン、圧倒的な強さで勝ち続けてきたのに、ジュニア世界選手権をケガで出場できなかったロシアのポリーナ・ツルスカヤ選手が、SPで素晴らしい演技を見せて、健在ぶりを印象付けました。

いやはやすごい。技の正確さもさることながら、指先にまで神経を行き渡らせているような細やかさ。圧倒的な演技でした。大人っぽい感じがするのは背が高いせいもあるのでしょうか(172cm)。

2位もロシアのStanislava KONSTANTINOVA選手。良かったけれど、ジャンプがちょっと不安定かも。前傾姿勢なのかな、そのせいもあるのか動きがちょっとせわしい感じ。

3位に白岩優奈選手が入りました。前シーズンの大活躍は記憶に新しいところですが、今季はどうかな(ちょっと難しいかも)。今日のSPではコンビネーションのふたつ目の着氷でステップアウト、それ以外はうまくまとめたのですが、どうも印象が今ひとつです。加点もPCSも抑えられてしまいました。

岩元こころ選手は6位発進となりました。初めて見ましたが、見栄えのする選手ですね。丁寧に滑っていましたが、それが時に重い感じに思えてしまいました。ループ以外はなかなか良かったですね。

スポンサードリンク
順位 名前 SP得点 技術点 演技構成点
1 Polina TSURSKAYA RUS 69.02 39.60 29.42
2 Stanislava KONSTANTINOVA RUS 64.38 36.82 27.56
3 Yuna SHIRAIWA JPN 59.02 33.73 25.29
4 Elizaveta NUGUMANOVA RUS 57.30 31.38 25.92
5 Hanul KIM KOR 56.97 33.21 23.76
6 Kokoro IWAMOTO JPN 53.05 30.92 23.13
7 Annika HOCKE GER 51.99 29.20 22.79
8 Brynne MCISAAC USA 48.36 25.32 23.04
9 Joanna KALLELA FIN 44.95 25.06 19.89
10 Nastasya EREMINA EST 43.03 23.59 19.44

フリーもツルスカヤ選手が圧倒しそうな予感がします。日本選手の巻き返しに期待!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.