ロンバルディア杯2016 男子フリー 宇野昌磨優勝!

ロンバルディア杯2016の男子フリーが行われ、宇野昌磨選手はフリー2位ながらも、総合で優勝しました!

今季初戦を優勝で飾れて良かったですが、FSの出来には満足していないでしょう。

ロンバルディア杯2016 男子フリー

男子フリー結果

順位 名前 FS得点 技術点 演技構成点
1 Jason BROWN USA 174.91 88.91 87.00
2 Shoma UNO JPN 172.25 86.35 85.90
3 Max AARON USA 145.80 70.60 75.20
4 Stephane WALKER SUI 137.64 69.84 67.80
5 Grant HOCHSTEIN USA 133.82 64.72 71.10
6 Jin Seo KIM KOR 122.25 63.05 61.20

宇野昌磨選手はちょっとジャンプのミスが多かったです。コンビネーションがひとつしか入りませんでした。冒頭の4Fか2度目の4Fがコンビネーションの予定だったと思うのですが、どちらも崩れてしまってコンビネーションにならず、2回目はダウングレードの上に重複(REP)を取られてしまいました。4Fの成功確率は50%くらいだということですが、この大会では成功することができませんでした。見せ場の無音からの3Aは何度見てもかっこ良いですね。やはりジャンプがうまく行かないと、他のエレメンツにも影響が出てしまいます。加点が今ひとつでした。

スポンサードリンク

ジェイソン・ブラウン選手の課題は4回転ジャンプです。今回も冒頭の4Tで転倒してしまったので、宇野選手が逃げ切ったかと思ったのですが、そこまで甘くはなかったですね。ブラウン選手は4回転こそ失敗してしまいましたが、それ以外はほぼ完璧な演技でした。見せるのが上手で、華があります。身体も柔らかくて、仕草が洗練されています。見入ってしまう演技でした。

マックス・アーロン選手は、そう悪くはなかったのですがチョコチョコとミスが出て安定しませんでした。音楽がおもしろいです。何かと思ったら、ライオンキングなんですね。だからあの衣装なのか、と納得。このプログラム、完璧に滑ったら面白いかもしれません。次回に期待します。


男子総合結果

順位 名前 総合点 SP順位 FS順位
1 Shoma UNO JPN 258.93 1 2
2 Jason BROWN USA 256.49 2 1
3 Max AARON USA 218.73 3 3
4 Stephane WALKER SUI 207.81 4 4
5 Grant HOCHSTEIN USA 198.77 5 5
6 Jin Seo KIM KOR 184.58 6 6

Lombardia Trophy SENIOR MEN FREE SKATING プロトコル

********

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.