アリオナ・サフチェンコが結婚!

マッソー選手とやっと競技会に出られるようになって、いきなり今年3月の世界選手権で銅メダルを取ったアリオナ・サフチェンコ選手が、昨日結婚しました。おめでとうございます!

サフチェンコ選手の紆余曲折

ショルコビ(元)選手が引退を決意しペアを解消、自分は五輪の金メダルが取りたいから続けると新しいパートナーとの続行を選び、紆余曲折の末、マッソー選手とやっと国際大会に出られるようになって、2016年3月の世界選手権で銅メダルを獲得!

あ~、たいへんだな~。ストイックにスケートに専念してるんだな~、と思っていましたが、ちゃんと恋もしていたのね。良かったわ。

サフチェンコ選手はもともとウクライナ出身でウクライナの選手として活躍していましたが、2003年にドイツのショルコビ選手とペアを組んで2005年にドイツ国籍を取得しました(ドイツは有望スポーツ選手などの国籍取得は簡単)。新パートナーのマッソー選手がフランス人で、フランス氷上競技連盟と所属国で揉め、やっと競技に出られるようになったのが去年の秋です。

マッソー選手は、ピョンチャン五輪に出るために、ドイツ国籍を取ることになるんでしょうか。

サフチェンコ選手のお相手はイギリス人

そしてサフチェンコ選手のお相手はイギリス人です。いや~、何というか、国際的というか、ややこしいというか・・・

スポンサードリンク

検索してみたら、サフチェンコ選手が新しい愛を見つけた、とローカル新聞で記事になっていました。2014年のことです。この記事では、25歳のアメリカ人となっているけれど、どうも間違いらしいですね。

HIER ZEIGT EISPRINZESSIN ALJONA IHRE NEUE LIEBE

サフチェンコ選手がマッソー選手とオリンピックを目指してトレーニングをするために、ケムニッツからオーバースドルフに移ったほぼ同時期に、結婚のお相手リアム・クロスさんも仕事(イギリス軍所属)で移ってきたということで、運命の出会いですね!

サフチェンコ選手は、スケート選手としてのパートナーと、プレイベートでのパートナーを同時に手に入れたというわけで、なんてラッキーなんでしょう。どちらのパートナーも5歳年下なんですね。

そしてこちらが結婚の記事です(ドイツ語)。こちらの記事では「イギリス人」になっています。

ENDLICH! ALJONA UND LIAM SPRINGEN AUF WOLKE 7

写真はこちら。

Eiskunstläuferin Aljona Savchenko heiratet Lebensgefährten Liam Cross

お幸せに~!

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.