フィギュアスケート 今季2015-2016のロシアチーム事情

ロシアスケート連盟副会長のラクニケル氏の記事が、タス通信のサイトに上がっています。

Все фигуристы сборной России выступят на контрольных прокатах в Сочи

9月11-12日にソチでコントロールをするそうで、次期オリンピックを目指す選手は、これに参加しないといけない(これに参加しないと次期五輪参加資格がなくなる、ということですね)。また今季の欠場も認められないということ。

ボロソジャル/トランコフ組もアデリナ・ソトニコワ選手も、今季はカムバックしてくるということです。

ただし!プルシェンコ選手だけは特別なんだそうです。まあ、このところ、いつだってそうだけどね。

プルシェンコ選手は、年齢とこれまでの実績を鑑みて特別に考慮する。ソチのコントロールには出ないようです。

今季どうするかは、まだ未定。まだ主治医からの回答をもらっていないから、ということ。

何しろ原文がロシア語なので、100%わかったわけではないのですが、大筋こんなところのようです。

ロシア男子も、いつまでもプルシェンコ選手を頼っていてはいけませんよ!頑張ってください、とついつい言いたくなりますね。プルシェンコ選手を超えるのは、それはなかなか大変なことだけれど。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.