ネーベルホルン杯2015のオズモンド/ボーヤンの4Lz‐3T!

グランプリとかジャパンオープンに気を取られがちですが、いろいろなところで行われている大会が結構おもしろい。

ドイツのネーベルホルン杯で、カナダのケイトリン・オズモンド選手が優勝しました。復帰戦の優勝はうれしかったでしょうね。先日記事にしたIcenetworkの今年ブレークする選手で、オズモンド選手を挙げていた人がいましたよね。

まだ19歳、ケガに気を付けて頑張ってほしいです。

帰ってきたオズモンド選手はちょっと大人っぽくなって、身のこなしが優雅!ジャンプをこんなに軽く跳ぶ選手だったかしら。

ネーベルホルン杯ではノーミスとは行きませんでしたが、ステキでした。

ネーベルホルン杯女子結果
1 Kaetlyn OSMOND CAN 179.41 1 1
2 Alena LEONOVA RUS 165.61 4 3
3 Courtney HICKS USA 162.85 3 4
4 Alaine CHARTRAND CAN 161.35 2 5
5 Mirai NAGASU USA 159.67 11 2
6 Mariko KIHARA JPN 155.65 5 6

スポンサードリンク

この大会、GPのNHK杯に出場する選手がたくさん出ていました。それぞれPBよりもかなり点数が低いのですが、今季の初試合の選手が多かったでしょうね。

中国の国内大会で、ボーヤン・ジン選手がすんごいジャンプ構成を跳んでいます。

2015 0919 JIN Boyang National SP

4Lz-3T, 3A, 4T !!!

おそろしー。

4Lz-3Tだけで、17.9です!

フリーでは4回転4本で、3本成功したらしいです。うひゃ~。

ちょっと点数などは分からないのですが、すごい時代になってきました。

フィギュアスケートはジャンプだけではないとは言え、得点の一番大きいのはやっぱりジャンプですからね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.