フィギュアスケートグランプリシリーズ2015第一戦アメリカ大会男子予想

昨日の女子に続き、フィギュアスケートグランプリシリーズ第一戦のアメリカ大会の男子を予想してみたいと思います。

まずはエントリーを見てみましょう。

1 Brendan KERRY AUS
2 Han YAN CHN
3 Florent AMODIO FRA
4 Alexei BYCHENKO ISR
5 Takahito MURA JPN
6 Shoma UNO JPN
7 Denis TEN KAZ
8 Konstantin MENSHOV RUS
9 Adian PITKEEV RUS
10 Max AARON USA
11 Jason BROWN USA
12 Ross MINER USA

上位に来そうな選手のパーソナルベストです。

すでにISUの公式記録でも、宇野選手のPBは無良選手のPBより高いんですね。

Denis TEN KAZ 289.46
Jason BROWN USA 263.17
Han Yan Chn 259.47
Shoma UNO JPN 256.45
Takahito MURA JPN 255.81
Florent AMODIO FRA 250.53

やはりデニス・テン選手が頭ひとつ飛び出していますが、前シーズンの四大陸大会の好調をずっと維持し続けるのはかなり難しいと思います。でももしジャンプが決まらなくても、滑らかなスケーティングで演技構成点を大きく稼げる選手ですね。

スポンサードリンク

注目したいのは、やはり宇野昌磨選手です。ISU公式記録でのPB256.45は、前シーズンの四大陸大会のものですが、この時のフリーの点数は167.55でした。非公式記録とは言え、先ごろ行われたジャパン.オープンでのフリーで185.48と、20点近く高い数字を出しています。

中国のハン・ヤン選手も、調子がよければ表彰台候補です。なかなか実力を発揮できない感がありますが、今季はどうでしょうか。

米国のジェイソン・ブラウン選手は、今季は四回転を成功させてくれるでしょうか。四回転を跳んでも跳ばなくても表彰台候補ではありますが、跳んだら鬼に金棒です。安定している選手ですしね。

無良選手はジャンプが決まるとゴージャスです。決まったときの3Aはすばらしいのですが、なかなか安定しません。ただグランプリシリーズには強い印象があります。

というわけで、実力にあまり差のない選手がそろった大会ですね。誰にでも表彰台のチャンスがあるような気がします。

なかなか予想は難しいのですが、デニス・テン選手とジェイソン・ブラウン選手と宇野昌磨選手の3人でメダルの色を競うのではないかと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.