グランプリシリーズ2015第一戦スケートアメリカ男子SP

グランプリシリーズ第一戦スケートアメリカの男子SP、波乱の結果となりました。

ライブでは見ていなかったので、結果を見た時に「ええぇ~!」でした。

1 Max AARON USA 86.67 47.96 38.71
2 Han YAN CHN 86.53 46.25 40.28
3 Konstantin MENSHOV RUS 86.15 48.61 37.54
4 Shoma UNO JPN 80.78 43.28 38.50
5 Adian PITKEEV RUS 79.90 44.36 35.54
6 Denis TEN KAZ 79.02 38.24 41.78
7 Ross MINER USA 78.96 41.99 36.97
8 Jason BROWN USA 78.64 36.57 42.07
9 Florent AMODIO FRA 71.96 35.13 36.83
10 Takahito MURA JPN 71.66 32.80 38.86
11 Brendan KERRY AUS 65.41 33.34 32.07
12 Alexei BYCHENKO ISR 50.68 19.58 32.10

まさか(失礼)アーロン選手がSP1位になるとは。。。高さのあるゴージャスなジャンプを決めてくれました。滞空時間が長いから、クルクルクルクルと回転を数えられそうでした。PCSも結構出ましたね。

それにしても、1位の選手を放映しないテレビって、いったい。。。

2位はハン・ヤン選手。ジャンプばかりが目立つ中国選手が多いですが、ハン・ヤン選手は他の部分も良いですよね。PCSも高く出ます。コミカルな演技もできるし、まだ19歳なのでこれからがすごく楽しみです。

スポンサードリンク

3位はメンショフ選手。TESは一番高いんですが(SPに4回転2回とは!)、PCSがね。プログラム全体が一本調子な感じ。

4位に宇野昌磨選手が入りました。4Tで転倒してしまいましたが、まずまずの演技でした。本人も力は出しきれたと言っています。他のエレメンツもほとんどがレベルを取れています。PCSがもう少し出ても良い感じがします。

デニス・テン選手が6位。ジャンプはともかく、スピンでも大きく崩れるミス。スケーティングはさすがですね。スルスル、ツルツル、伸びる伸びる。

ジェイソン・ブラウン選手が8位。4回転なし、コンビネーション失敗、ルッツはエッジエラー。でもPCSは一番高いです。テン選手より高いのね。

無良崇人選手は10位。演技全体の出来はさほど悪いとは思いませんでしたが、ジャンプで2つも回転不足(4Tはダウングレード)を取られてしまいました。

FSで順位が大きく変わりそうな気がします。1位から8位のジェイソン選手まで点差が10点もないので、まだまだわかりませんね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.