フィギュアスケートグランプリシリーズ2015第二戦カナダ大会女子予想

グランプリシリーズ2015第二戦カナダ大会が、いよいよ今週末ですね。

いよいよ、と思ってしまうのは、羽生選手とPチャン選手の対戦が楽しみだから、ということになるでしょうか。

今日は、この大会の女子を予想してみたいと思います。

まずエントリーです。

1 Gabrielle DALEMAN CAN
2 Veronik MALLET CAN
3 Kaetlyn OSMOND CAN
4 Kanako MURAKAMI JPN
5 Yuka NAGAI JPN
6 Elizabet TURSYNBAEVA KAZ
7 Alena LEONOVA RUS
8 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS
9 Joshi HELGESSON SWE
10 Isabelle OLSSON SWE
11 Polina EDMUNDS USA
12 Ashley WAGNER USA

今回もパーソナルベストが高い選手を見てみます。

Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 210.40
Kanako MURAKAMI JPN 196.91
Ashley WAGNER USA 194.37
Polina EDMUNDS USA 187.50
Alena LEONOVA RUS 186.71
Elizabet TURSYNBAEVA KAZ 177.91
Kaetlyn OSMOND CAN 176.82
Yuka NAGAI JPN 172.34

エリザベータ・トゥクタミシェワ選手がダントツです。去年の好調を維持していれば、優勝間違いなしというところ。ただ今季のこれまでの試合を見てみると、まだ本調子ではないようです。

スポンサードリンク

村上佳菜子選手。はっきり言ってわかりません。どんな調子か。どんな風に評価されるか。ただ甘くはないだろう、とは思います。

アシュリー・ワグナー選手。回転不足さえ取られなければ。。。アメリカ大会でゴールド選手が良い演技をしたので、ワグナー選手も気合が入ると想像します。

エリザベート・トゥルシンバエワ選手は、早くも2戦目です。アメリカ大会の様子を見ていると、やはりシニアとしてはまだまだかと。

ケイトリン・オズモンド選手。復帰したばかりなので未知数ですが、先日行われたネーベルホルン杯で179.41で優勝しています。この試合では、このカナダ大会にも出るレオノワ選手が165.61で2位でした。

永井優香選手。とにかくミスをしないことでしょう。ミスをしなければ、ジャンプの質も良いし、優雅な滑りでPCSも出るはずです。

トゥクタミシェワ選手とワグナー選手が金争いをするのではないかと予想します。

そこにオズモンド選手、村上選手が絡んでくるかな。

若いポリーナ・エドモンズ選手が勢いに乗ると、怖い存在かと思います。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.