グランプリシリーズ2015第五戦ロシア大会男子予想

さて、男子です。

日本からは小塚選手が出場します。

男子はどの大会も、エントリーの変更が多いですね。

この大会もガチンスキ―選手とマヨㇿフ選手が欠場になり、ロシアのコリャーダ選手が出場となり、ひとり少ない11人です。

エントリーです。
1 Nam NGUYEN CAN
2 Peter LIEBERS GER
3 Alexei BYCHENKO ISR
4 Ivan RIGHINI ITA
5 Takahiko KOZUKA JPN
6 Mikhail KOLYADA RUS
7 Adian PITKEEV RUS
8 Sergei VORONOV RUS
9 Javier FERNANDEZ ESP
10 Ross MINER USA
11 Adam RIPPON USA

パーソナルベスト順に上位選手を並べてみます。

Javier FERNANDEZ ESP 275.93
Takahiko KOZUKA JPN 258.41
Sergei VORONOV RUS 252.55
Nam NGUYEN CAN 242.59
Adam RIPPON USA 241.24

この顔触れなら、余程のことがない限りフェルナンデス選手の優勝だと思います。今季のプログラム、個性的で楽しいですよね。

スポンサードリンク

PB順で行くと2位になる小塚選手。全くの未知数です。ケガは大丈夫なんでしょうか。ここ何シーズンか結果を出せなくて苦労しているので、この辺で復活して欲しいと思うのですが。

ヴォロノフ選手は表彰台の可能性が大きいですが、不安定なんですよね。ミスを抑えて滑れれば良いのですが。

グエン選手は表彰台の可能性大だと思います。表現力はまだジュニアっぽいですが、安定しているんですよね。

リッポン選手。そろそろ表彰台に載っても良い頃です。4Lzを初めてとして、攻めのプログラム。今季は顔つきも精悍でとっても良い感じ。期待してます。

というわけで、フェルナンデス選手の優勝以外、混沌。。。

誰が表彰台に載ってもおかしくないです。もしかするともっとPBが低い選手が表彰台に載ってくる可能性もありますね。ドイツのリーバース選手とかアメリカのマイナー選手とか。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.