グランプリファイナル2015へのフランス大会参加選手のポイントについて結論が出ました

やっとフランス大会の扱いが明確になりました。

NHK杯の前に出てくれないと困る、と思っていました。全大会が終わったのにモヤモヤ。。。なんていやですからね。

たぶんいろいろな案があって、検討にはかなりの時間を要したのでしょう。

妥当な案だと思います。

1.フランス大会についてはSPの結果を、最終結果としてポイントを与える。
  宇野選手は15点もらえて、ファイナル進出決定です。
2.同点の選手が出た場合の順位の決め方も、少し例年と変わります。
3.もし7位(第1補欠)にフランス大会参加選手が入った場合は、ファイナルへ参加することができる。

フランス大会でFSが滑れなかった選手のハンディを補う3は、なかなか良い案なのではないかと思います。

というわけで、今度のグランプリファイナルはもしかすると6人(組)ではなく、7人(組)の種目が出てくるかもしれないわけですね。
あ~、決まって良かった。

Consequences of the cancellation of the Free Skating/Free Dance at the ISU Grand Prix of Figure Skating event, Trophée Eric Bompard 2015, Bordeaux France

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.