グランプリシリーズ2015最終戦NHK杯女子/男子予想

グランプリシリーズ2015最終戦NHK杯が始まります。

まだロシア杯のFSについて書いてないのに。。。まあ、これは後ほど。

予想は試合が始まってからでは遅いですからね。こちら優先。

NHK杯はこの試合自体もですが、誰がファイナルへ行けるかも見どころになりますね。

まず女子です。

パーソナルベストの高い順に並べてあります。

Mao ASADA JPN 216.69
Anna POGORILAYA RUS 214.07
Ashley WAGNER USA 202.52
Satoko MIYAHARA JPN 193.60
Mirai NAGASU USA 190.15
Alena LEONOVA RUS 186.71
Zijun LI CHN 183.85
Kaetlyn OSMOND CAN 179.41
Maria ARTEMIEVA RUS 177.21
Courtney HICKS USA 174.51
Mariko KIHARA JPN 156.05

すでにゴールド選手、メドヴェデワ選手、ラディオノワ選手のファイナル行きが決まっています。残るは3枠。

ワグナー選手がGPS一戦目で素晴らしい滑りを見せ、PBを更新しました。勢いがあります。

ポゴリラヤ選手も、やっと評価が高くなってきたので上位に入る可能性があります。

日本選手では、もちろん浅田選手。一戦目で優勝していますから、NHK杯でも、と思ってしまいますが、そう簡単ではないでしょう。ファイナルには3位以内に入れば確定、4位以下だと他の選手の成績次第です。

宮原選手。一戦目は3位でした。優勝すればファイナル確定です。

浅田選手とワグナー選手は、余程のことがない限りファイナル進出となるでしょう。そうなると残りの枠を争うのは、宮原選手とポゴリラヤ選手かなと思います。

上位選手ががグダグダに崩れると、本郷選手にもファイナルの可能性が出てきますが、まああんまり現実的ではないかも。

スポンサードリンク

表彰台は、この4人、浅田選手、ワグナー選手、宮原選手、ポゴリラヤ選手、の争いになると思います。

男子です。
PB順に並べました。
Yuzuru HANYU JPN 293.25
Boyang JIN CHN 261.23
Takahito MURA JPN 255.81
Maxim KOVTUN RUS 247.37
Michal BREZINA CZE 243.52
Elladj BALDE CNA 242.36
Richard DORNBUSH USA 237.28
Konstantin MENSHOV RUS 237.24
Grant HOCHSTEIN USA 222.74
Chafik BESSEGHIER FRA 224.19
Keiji TANAKA JPN 212.34
Brendan KERRY AUS 203.48

ファイナルへは、フェルナンデス選手、宇野選手、チャン選手の3選手の進出が決まっています。

チャン選手は2戦目で5位だったのでファイナルは危ういかと思いましたが、GPS男子はどの大会も大波乱で点数がばらけてしまい、それに助けられた格好です。個人的にチャン選手をファイナルで見られるのは嬉しいです。

やはり羽生選手が優勝候補筆頭。他の選手とは格が違うと思います。もしジャンプで多少ミスがあっても、PCSで十分補えるでしょう。ファイナルへは3位以内で確定。4位以下だと他の選手次第です。

注目は、中国のジン選手。またあのすごいジャンプ構成で来るんですかね。おそろし~。勢いのある選手は、試合ごとにいろんなことを吸収して、見せ方がいきなり上手になったりしますからね。3位以内でファイナルが決定します。

コフトゥン選手もファイナル行きがかかっています(1戦目が2位でした)。安定しない選手なのでね。。。

優勝は羽生選手、2位はジン選手、3位を無良選手、コフトゥン選手、ブレジナ選手で争う感じでしょうか。ミスが少ない者勝ち。

NHK杯の結果次第で、村上選手のファイナル行きも可能性がありますね。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.