もうすぐフィギュアスケート・ジュニア世界選手権2015 女子編 パーソナルベスト比較

ジュニア世界選手権に出場する女子選手です。グランプリファイナルのおさらいから。ロシア対日本だったんでしたね。

1 Evgenia MEDVEDEVA RUS 190.89 1 1
2 Serafima SAKHANOVICH RUS 186.01 2 2
3 Wakaba HIGUCHI JPN 178.09 5 3
4 Maria SOTSKOVA RUS 175.99 4 4
5 Yuka NAGAI JPN 172.34 3 5
6 Miyu NAKASHIO JPN 144.44 6 6

それではPBを比較してみましょう。今回も点数の高い(140点以上)選手をピックアップしています。

31 Serafima SAKHANOVICH RUS 191.96
30 Evgenia MEDVEDEVA RUS 190.89
42 Karen CHEN USA 179.08
19 Wakaba HIGUCHI JPN 178.09
32 Maria SOTSKOVA RUS 176.75
20 Yuka NAGAI JPN 172.34
22 Elizabet TURZYNBAEVA KAZ 164.79
27 Da Bin CHOI KOR 162.35
34 Nicole RAJICOVA SVK 159.55
16 Ivett TOTH HUN 152.18
1 Anastasia GALUSTYAN ARM 148.63
13 Lutricia BOCK GER 148.13
21 Kaori SAKAMOTO JPN 146.49
23 Diana NIKITINA LAT 145.45
11 Jenni SAARINEN FIN 144.16
43 Tyler PIERCE USA 143.91 2 Kailani CRAINE AUS 142.16
5 Kim DEGUISE LEVEILLEE CAN 136.55
6 Selena ZHAO CAN 135.65

スポンサードリンク

やはりロシア娘が強いですね。。日本娘とアメリカ娘がどれくらい食い込めるか、というところ。ロシア娘はまたタノジャンプで攻めてくるんでしょうか。SPはジャンプを全部、後半に跳ぶんでしょうね。とにかくミスをしない(って、プレッシャーでしょうけれど)ことが大切。

もちろん樋口新葉選手は勝つ気満々で出てくるでしょう。その勝気なところも強くなるには大切ですね。何かのインタビューで「全部勝ちたいです!」と言っていたのを見ましたが、そうはっきり言い切ってしまうところが潔くて頼もしいです。

ちょっとおとなしい感じのする永井選手も、ここは強気で頑張ってほしいです。

坂本花織選手は、全日本で6位に入って勢いがあります。ダークホースかも。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.