もうすぐ世界選手権2015 女子SPの得点を比べてみた

昨日PBを見た選手について、SPのPBを調べてみました。

一番高いのはロシアのラディオノワ選手です。

総合PBの高い順(昨日と同じ順)に並べてあります。

28 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 69.02
27 Elena RADIONOVA RUS 70.46
35 Gracie GOLD USA 70.31 (2014 ソチ五輪)
26 Anna POGORILAYA RUS 66.26
18 Kanako MURAKAMI JPN 66.64 (2013 世界選手権)
36 Ashley WAGNER US 69.26 (2013 GPSスケートアメリカ)
34 Polina EDMUNDS USA 63.27
17 Satoko MIYAHARA JPN 64.84
6 Zijun LI CHN 62.84
16 Rika HONGO JPN 61.28
8 Kiira KORPI FIN 64.26
25 So Youn PARK KOR 57.22
9 Mae Berenice MEITE FRA 61.62
4 Alaine CHARTRAND CAN 61.18
31 Joshi HELGESSON SWE 59.55
5 Gabrielle DALEMAN CAN 59.38
24 Hae Jin KIM KOR 57.48
10 Elene GEDEVANISHVILI GEO 61.92

う~ん、これはもしかするとSPの段階で、すでに上位選手数人とそれに続くグループでは、かなりの差ができてしまうかも。そして、もしかすると日本選手はその上位何人かに入れない可能性も。。。厳しいですね。

もしトゥクタミシュワ選手がSPで3Aを入れてきたら、プラス5.2点になります。あわわ。。。

日本選手は、とにかくミスをしない。これに尽きます(同じことを何度も言っていますが)。

ちなみに来年の出場枠3を確保するには、3選手のうちの上位2選手の順位合計が13以下であること、たとえば6位と7位ならOKということになります。選手には大きな重圧がかかりますが、頑張ってほしいです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.