羽生選手「4回転もルッツも問題ない」!

昨日、世界選手権の公開練習が始まるまで羽生選手についての情報は出てこないかも、と書きましたが、出てきましたね。出てきましたね、と言うか、出てきていたのを私が気付かなかった、ということなのですが。

原文はこちら
WHERE IS YUZU? HOW IS YUZU?

BEVERLEY SMITHというフィギュアスケート専門のジャーナリストが羽生選手のコーチ、ブライアン・オーサーにインタビューした記事です。

苦難の連続だった今シーズンのいろいろについて触れた後、現在の状況について(何しろ記事の題名が「ユズはどこにいる?どうしてる?」ですからね)話しています。

それによると、羽生選手は日本にいてコーチ無しの自主練習を行っているが、オーサーコーチとは毎日メールで連絡を取り合っている(と言っても、この状況にオーサーコーチは苛立っている様子)。

スポンサードリンク

羽生選手のレポートによれば、4Sも4Tも好調で、シーズン初めに苦労した3Lzも今は問題ないということ。羽生選手はカナダが恋しいようだけれど、世界選手権開催地の上海へは日本からは一時間のフライトだということもあって、カナダへ長時間の旅をするよりも日本を拠点にした方が良い、ということのようです。

オーサーコーチは、羽生選手は五輪チャンピオンになって環境も変わってしまい、重圧や責任を負ってしまったけれど、そろそろ元の軌道に戻ってきたと感じているそう。「来週に世界選手権に向けて戦う準備は整っている。この苦難の年に羽生選手はこれを2度も成し遂げてきた。今度も彼が何をしてきたか、私たちは見ることができるだろう。」

私が思っていたよりも羽生選手の状態は良いようですね。小林強化部長のインタビューを聞けば聞くほど状況が良くは思えない、というのは「守って」いることにならないんじゃないかな、と思ってしまいました。

四回転を跳んでいるかという質問に「答えられない」という答えに、悲観的になってしまったのは私だけかな?

まあ、とにかくこれで少し安心。でも、まあ、無理しないでね、これだけは言っておきたいです(羽生選手には聞こえないだろうけれど)。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.