フィギュアスケート世界選手権2015 2日目 女子SPとペアFS

女子SP

トゥクタミシュワ選手、跳びましたね、3A。しかも回転ばっちりの、ものすごく質の良い3Aでした。単独ジャンプが3Lz、コンビネーションが3T-3T。すごいプログラムです。

これから3Aを跳ぶ選手は増えてくるんでしょうか。跳びたい選手はたくさんいるでしょうけれど。。。

1 Elizaveta TUKTAMYSHEVA RUS 77.62 44.09 33.53
2    Elena RADIONOVA RUS 69.51 38.03 31.48
3 Satoko MIYAHARA JPN 67.02 37.19 29.83
4 Kanako MURAKAMI JPN 65.48 35.31 30.17
5 Rika HONGO JPN 62.17 34.69 27.48
6 Zijun LI CHN 61.83 33.60 28.23
7 Polina EDMUNDS USA 61.71 33.94 27.77
8 Gracie GOLD USA 60.73 29.82 30.91
9 Anna POGORILAYA RUS 60.50 32.41 29.09
10 Alaine CHARTRAND CAN 60.24 33.73 26.51
11 Ashley WAGNER USA 57.81 28.09 30.72
12 Mae Berenice MEITE FRA 57.08 31.33 25.75
13 Joshi HELGESSON SWE 56.28 29.05 27.23
14 Nicole RAJICOVA SVK 54.40 31.29 23.11
15 So Youn PARK KOR 53.95 30.78 24.17

日本女子、頑張りました。3人ともノーミスで、3、4、5位です。宮原選手は落ち着いた演技でしたが、表情の付け方(顔の表情もそうだけれど全体の動き)がとても上手になって、観客をひきつける力が付いてきました。

村上選手、良かったです。もらい泣きしてしまいました。2Aが豪快でかっこいい。全体のプログラムのまとめ方、見せ方がやっぱり上手です。これをFSにつなげられるかな。

本郷選手、ちょっと硬かったかな。でも堂々の演技でした。

ラディオノワ選手は相変わらず魅力的で良かったけれど、やる気が少し空回りしていた気がします。

上位選手は強かったけれど、ミスをした選手もたくさんいました。アメリカの3選手、ちょっと悲しい。

キイラ・コルピ選手がフリーに進めませんでした。3Fを失敗して集中が切れてしまったということで、リカバリーのことなどを考えたり焦ってしまったということです。あ~、残念。

スポンサードリンク

優勝はトゥクタミシュワ選手が最有力ですね。これだけ点差があると、ひっくり返すのはちょっと大変。

ラディオノワ選手は表彰台はいけるでしょうけれど、あとひとつ残りの表彰台に載るのは誰か?

宮原選手?村上選手?10位以上は60点台というハイスコアで、僅差。FS次第で、順番は大きく変わりそうです。

ペアFS
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 144.55 73.45 71.10
2 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 142.49 73.92 68.57
3 Qing PANG / Jian TONG CHN 140.18 66.57 73.61
4 Cheng PENG / Hao ZHANG CHN 136.96 70.67 66.29
5 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 130.75 67.73 63.02
6 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS 127.32 59.00 69.32

ペア最終結果
1 Meagan DUHAMEL / Eric RADFORD CAN 221.53 1 1
2 Wenjing SUI / Cong HAN CHN 214.12 3 2
3 Qing PANG / Jian TONG CHN 212.77 2 3
4 Cheng PENG / Hao ZHANG CHN 206.63 5 4
5 Yuko KAVAGUTI / Alexander SMIRNOV RUS 198.91 4 6
6 Evgenia TARASOVA / Vladimir MOROZOV RUS 198.46 6 5
7 Alexa SCIMECA / Chris KNIERIM USA 185.81 7 7
8 Julianne SEGUIN / Charlie BILODEAU CAN 178.03 10 10
9 Vanessa JAMES / Morgan CIPRES FRA 177.34 12 8
10 Kristina ASTAKHOVA / Alexei ROGONOV RUS 173.58 13 9

ロシアが表彰台に立てなかった。。。ドゥハメル/ラドフォード組がダントツの優勝。勢いがあって、どのエレメンツも力強くほぼパーフェクトな演技でした。

2位以下3組が中国。スイハン組、スロージャンプとツイストリフトの高さ(大きさ)と回転の速さにびっくり。パントン組、ステキなプログラムだと思ったらモロゾフなんですね。だいたいモロゾフが中国選手のキス&クライにいるのに驚いてしまいました。

5位に川口/スミルノフ組。スロージャンプの着地が2回ともうまく行かなくて、残念でした。メダル取ってほしかったんだけれど。。。来季はどうするのでしょう?

さて明日はいよいよ男子SPです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.