ドリーム・オン・アイス2015 羽生選手の新プログラム

ドリーム・オン・アイスの動画を見ています。このショーではたくさんの現役選手が新しいプログラムを披露してくれました(さすがに「オペラ座の怪人」はなかったですね)。来季(もうすぐ始まりますね!)への期待が高まります。ドキドキ。

まずは羽生結弦選手の新プログラムについて。今回滑ったのは来季のFSのショーバージョン、時間もFSよりも短くしたものです。曲は日本映画の「陰陽師」から「SEIMEI」、笛が鳴って太鼓が響く「和風」音楽です。振り付けはシェイリーン・ボーン。

う~ん、実はあまりピンと来なかったんですよね。まだ滑り込んでいないだろうし、ジャンプもあまり決まらなかったし(ショー用の狭いリンク、暗い照明に明るいスポットライトは、すごく滑りにくそうです)。

スポンサードリンク

羽生選手に限らず、日本風の音楽で日本の所作を意識した振り付けは、とても難しいと思います。そもそもフィギュアスケート自体、バレエなどの西洋舞踏を踏襲した動作が多いですからね。

衣装は素敵だと思いました。着物じゃないけど和テイスト。ただもしかしたら外人に「和風」と理解してもらえるかは微妙かもしれません。

試合バージョンはまたずいぶん違うでしょうし(ショーバージョンでは肝心のジャンプ構成も?です)、これから滑り込んでくるでしょう。

今の段階では、あまりよくわからない、というのが正直なところです。

まだシーズンも始まっていないのですから、これからですね!

試合で見た時に「う~ん、こう来たか。さすが」と思わせてくれると嬉しいです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.