羽生結弦選手「平昌後は未定」

やっぱりね、という感じ。

「平昌後は未定」言葉足りなかった…羽生が真意

平昌五輪で納得の行く演技ができなかった場合は、続行の可能性が高いでしょう。

ただ今の時点で、ケガなど何か特別な事情がない場合、羽生結弦選手の金メダルの可能性は限りなく高いと思います。根拠は、前回のブログに書いた通りです。こんな基礎点の高い演技が組める選手は、他にいないから。しかもGOE(加点)も高く、PCS(演技構成点)もトップレベルです。

ただし、あくまでも「今の時点で」です。

もしかするとこの先、ものすごい選手が現れないとも限りませんからね。復帰してくるパトリック・チャン選手も「未知数」です。

それにしても、この「平昌」引退報道でよく使われた「集大成」という言葉、誰が最初に使い出したのでしょうか。ソチ前の高橋大輔選手と浅田真央選手に関する報道で、イヤというほど目にしましたね。悪い言葉ではありませんが。。。

まあ、とにかく、「先のことはわからない」ということ。

それは誰だって、同じですもんね。

人生は、誰だってよくわからないものです。

スポンサードリンク
関連コンテンツ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses cookies. Find out more about this site’s cookies.